上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・ダムのツボ「石木ダムと川棚川の治水」


みなさん、こんにちは。

やっと少し作品を紹介できるところまでたどり着きました…

石木ダムと川棚川の治水表紙pc用_convert_20170328145652


新・ダムのツボ「石木ダムと川棚川の治水」
|石丸穂澄(いしまるほずみ)|note(ノート)
https://note.mu/ishimaruhozumi/n/ne5a2dc3cab32


ちょっと長いんですが、まぁ読んでみてください。



とりあえず地元、川棚川の洪水対策(治水)について取り組んでいます。

ただ、これはまだ道半ばな感じなんです…

納得がいかないのでまた書くつもりでいます。

のちに「新・ダムのツボ」冊子化を目指していますので、もっと頑張ります。


添削には、石木ダム対策弁護団の緒方先生に付き合っていただきました。

そんな緒方先生から一言アドバイス。

緒方先生からアドバイス_convert_20170328155103



あ〜そうそう、そうなんですよね〜

弁護団の先生たちは、裁判向けに説明しますのでやはり難しいです。

しかし、一般の人にはもっとわかりやすく、あんまり中身が詰まっていなくてもいいような気がします…

もっと詳しく知りたい人は、弁護団の書いた本を買ったり、裁判の報告集会に参加したり…行動を起こせばいいので。

もっと、頭やわらか〜くして、今度はもっと簡単なものにしたいと思います。


で、治水ばっかり書いていたらマズイので、利水にも取り掛からなければならないです!

そのあとは、人権・環境問題…とつづきます。


今年中には発行したいですが………



スポンサーサイト

note「ダムのツボ」パレード。


みなさん、こんばんは。

最近、ぼぅ〜っとしております。

腕まくりをしてがんばる気にはなりません。

適当にやり過ごしています。


【そう、こんな風に適当に…】
P1050636_convert_20151219204828.jpg


☆そして、適当にSNS発信をしております。

前回、少し紹介しましたがnoteというSNSサービスに登録して作品をアップしていってます。

「ダムのツボ」を現在、1から8までアップしてます。(12/19時点)

読みやすいですよ〜

まだ石木ダム問題のことをよく知らない人にみなさん教えてあげて下さいね!


長崎県石木ダム問題をひも解くマンガ、「ダムのツボ」
https://note.mu/ishimaruhozumi/m/m7e5e98bb3880


【そうそう…こんな議会スケッチもやりました…】
P1050655_convert_20151219212041.jpg


☆12/16の佐世保市議会請願の件。

写真撮影も禁止されてる…

キチガイだと思う。


キチガイの請願採択の件は石木川まもり隊のブログの方が詳しい。

石木川まもり隊ブログ「石木ダム再評価 市議会も逃げる!」
http://blog.goo.ne.jp/hotaru392011/e/f48b4b7119d54079ed04591beeb0aa80


☆どうせ裁判も始まるのです。

どうせだれか法廷スケッチをやるんだから…

コントみたいな法廷スケッチを目指すのです。

石木の弁護団がつっこんで…

国がボケるのです…

とりあえず目標は…

炎上です。



佐世保市の工場用水需要予測


みなさん、こんにちは。

今回は佐世保市の工場用水のグラフをご覧頂こうと思います。

ダムのツボ6(工場用水)+のコピー_convert_20131224164111


8/27に私たちは、石木ダム対策弁護団とともに福岡の九州地方整備局へ申し入れに行きました。

そこでは、長崎県と佐世保市との説明会を通して得られた新たな事実(長崎県と佐世保市による恣意的記載・虚偽記載)を報告し、再度必要性・公益性を判断するための前提事実にかかる再調査を要望したのですが…

画期的な返事は今のところないようです。。

今回は、みなさんに一番わかりやすい恣意的・虚偽記載がなされた部分にスポットをあててみます。

掲載しているグラフとともにご覧ください。

減少傾向にある工場用水のグラフ、使用予測がなぜかV字回復してます。

こんなことあるはずないよね。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

①佐世保市の工場用水の需要予測はとてつもなくずさんなのです!

②佐世保市の工場用水の再需要先である佐世保重工業株式会社「SSK」は、経営方針の変更に伴い、修繕船の売上高を約2倍見込んであるという記載があったそうで、それを理由に佐世保市水道局は水道使用量を急激に増加させています。

2024年度には2011年度の4.8倍?!本当でしょうかね?

③SSKの現実はというと…「向こう3カ年の経営方針」における2014年度の艦船、修繕船の売上高目標は2011年度実績の1.16倍。。

④さらに…2013年5月にSSKが発表した「新中期経営計画」では、早くも下方修正され2015年度の売上高目標は、2011年度実績のわずか1.10倍。。

⑤そもそも、「1.10倍」とか「1.16倍」を「約2倍」とは表現しないよね。

すなわち、佐世保市水道局が立てた工場用水需要予測の前提である「SSKの修繕船の売上高を約2倍見込む」こと自体が誤りなのです!!

⑥この事実が事業認定前に判明していれば、石木ダムの必要性・公益性が認められず、事業認定がなされることはなかったバズです。

国土交通省九州地方整備局は、石木ダムの必要性・公益性を再調査すべきなのです!!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

以上、簡単にまとめるとこんな風。

こういうずさんな点が、ほかにもいっぱい、い〜っぱい!!あるんです!

相対的に、めちゃくちゃな計画。

佐世保市のみなさん、川棚町のみなさん…それに長崎県民のみなさん、全国のみなさん!

このずさんなグラフをシェアして下さい。

石木ダム問題・収用裁決の決定〜でもそもそも…


①昨日、「石木川まもり隊」や佐世保方面の石木ダムに反対して下さる方々が

佐世保市役所に申し入れに行ってくれました。

「石木川まもり隊」の松本さんはインタビューで

「建設が予定されている場所にはおよそ60人が実際に暮らしています。

住んでいる人の生活を破壊してまで必要な事業だという納得ができていない段階で、

申請をするのは暴挙です」と話していました。

②みなさん、これは感情論でしょうか?

まず、原点に立ち返ってみましょう。

このグラフをご覧下さい。

ダムのツボ1利水グラフ_convert_20140826153522

これは、私たちが勝手に作り上げたグラフではありません。

佐世保市水道局自らが提出したグラフです。

まさに水が足りていることを示すグラフです。

この事実を知らされていないから、

佐世保市民は「水が足りないのかも…」と不安になり、

お隣の川棚町にお願いしてでも「石木ダム」を造らなければならない

ような気がしてくるのです。

③収用裁決申請が決定されることで、住民の土地が奪われ、

そこに住む人びとの権利が侵されることは、無論大問題です。

しかし、それ以前に、長崎県の「石木ダム建設事業」はデタラメな事業なのです。

このようなデタラメな事業によって、

ふるさと川原(こうばる)の土地は奪われようとしているのです。

④このまま放っておくと、行政のやりたい放題になってしまいます。

みなさんのシェアをよろしくお願いします。

石木ダムのコラム。ダムのツボ「佐世保の人は本当に水に困っているの?」

ダムのツボ1-1_convert_20131223172021


ダムのツボ1-2_convert_20131223172034


ダムのツボ1-3_convert_20131223172046


ダムのツボ1-4_convert_20131223172101


ダムのツボ1-5_convert_20131223172112


ダムのツボ1-6_convert_20131223172123







テーマ : こうばるを想う1000のメッセージプロジェクト
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

石丸穂澄(いしまるほずみ)

Author:石丸穂澄(いしまるほずみ)
☆長崎県石木ダム問題の水没予定地川原(こうばる)地区住民のイラストレーター。
パタゴニア日本支社の意見広告にイラストが採用。
現在、ほずみの描いたイラストを使ったフルラッピングバスが地元のあちこちを走り回っている。
双極性障害と歩んで今年で17年目。
イラストやネットを使って故郷を発信中!

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。