7月9日の石木ダム事業認定取消訴訟判決について

久しぶりのブログ更新です、みなさんこんにちは。

長崎県石木ダム水没予定地住民のいしまるほずみです。

西日本では先日の大雨による被害がとてつもないものとなり、命を落とされた方はもちろんのこと、命からがら助かって、今現在復帰のために生活圏内の後片付けなどに苦しんでおられる皆さんの無念とご苦労を私なりに察しております。

今後、義援金を集める体制もどんどん広がっていくでしょう、できる範囲での助け合いに参加を心がけたいです。

私は、今回の豪雨による各地の被害状況を見て、治水に対してその方針を行政や一部の専門家だけに委ねるのではなく、住んでいる住民たちが常日頃からしっかりと関わって決めていくことの大切さを感じております。

7/6の豪雨によって川棚川水系での被害は特に確認されていませんが、

今後の治水のあり方について、石木ダムのご当地川棚町内でも長崎県と川棚町、それに多くの町民の皆さんによってしっかりと議論がなされることを私は期待しております。

こうばる川遊び2018_convert_20180714211705


地元、こうばる地区でも暑い日が続いており、川遊びも始まっています。

しかし、7/6の豪雨で相当の土砂が流れ、遊泳場もかなり埋まってしまったそうです。

仕方のないことですが、橋の上から飛び込むのはちょっと危ないかも…



さて、

7/9に石木ダムの事業認定取消訴訟の第一審の判決が下され、大変残念な結果が出ました。

判決が出た後は、ストレスにより持病の精神疾患(特に睡眠障害)で一睡もできない日が一日置きに続きました。

眠れない時間は大変しんどいものですが、気持ちを切り替え「布団に横になっているだけでも疲れは幾らか取れるのだから大丈夫」と言い聞かせるようにしています。

そして、だんだんあたりがまた明るくなってきたら、絶望の中でも日はまた昇るのだ(つまり、裁判の絶望的な判決にかかわらず日常の私たちの生活は続くのだ)と前向きな気持ちが戻ってきます。

しかしながら、第一審でこれだから、第二審、第三審のストレスはもっとでしょう…

私はこれからも地元で生活を続けますが、どうやってやり過ごすか…幾つもの対策を立てておかないといけないなぁ…と思っているところです。

長崎地裁の判決では、私のようにまだ土地の権利や家屋の持ち主ではない人に対してはそもそも訴えを起こす権利なんかないのよ〜と裁判所がいったものですから、

「お〜い、裁判長、私は祖父と両親の付属品でも所有物でもないぞ〜!」と直接本人にいってやりたい気分です。

それに憲法では、どんな人にでも裁判を起こす権利があるはずなのですがおかしいですよね。

それだけでなく、長崎地裁は私たちの訴えを何も認めず、逆に国のいうことをコピペしたような判決文を出してしまいました。

裁判長は、まだそんなに老いてはいない40代くらいの女性の方でしたが、中身はとんでもない方でした…



第一審の判決に関連して、世の皆さんがどう見ておられるのかを気にしていたのですが、ネット上では報道の記事をシェアしている人を多く見かけましたし、コメントを添えて発信してくださっている方も見かけました。

つまり、数年前に比べると飛躍的に私たちの石木ダム問題は認知度を上げたと言えると思います!

しかも、石木ダムに懐疑的な意見の方が多く見受けられます。

以前は、私一人で石木ダムの発信をやっている感じで、検索しても自分の発信しか引っかからない…という時期だってありました。

しかし、問題はより深刻さを増し、それと同時に支援者も増えてパタゴニア日本支社が実施した楽天リサーチでのアンケート調査の結果も然り、地元の長崎新聞の世論調査でさえも石木ダムに反対の声、つまり私たちを支持する声が大きくなってきました。



石木ダムは県営ダムであるため、長崎県を飛び出して問題が知れ渡ることが大変難しいという状況でした。

私が、マンガ「ダムのツボ」を発行した後、報道に対して「先に関東に広げたい」と申し上げたのは、長崎県内だけで問題を共有するのは全くよくないと思っていたからです。

ダムのツボ展示DMオモテ


当時、長崎県民にとって石木ダムは「化石のような存在」でした。

そして、みなさんまるで「他人事」でした。

つまり、一番の問題点は、すべての方に共通して石木ダム=私には関係ない「他人事」であると言えます。


・国、長崎県、佐世保市・川棚町…行政はもちろん他人事と思っています。

・報道機関…う〜ん、頑張って書いてくれていますが、立ち位置がどこか他人事でこの問題の一番大事な「本質」を書いてくれているところはまだないです。

・日本国民…そもそも、この問題をご存じない方も多いですが、知ったとしてもやはり他人事です。

地元の人がかわいそう…とか、他人事と思っていることの象徴的な感想と思います。


もし、石木ダムを造らせてしまったら、それはどういうことを指すのか?想像力を働かせてよく考えてください。


・こんなに私たちが大反対して、できるはずがないのに、

・石木ダムの必要性は佐世保市の水需要予測のグラフを見れば小学生でも要らないとわかるレベルなのに、

BK2_141223_05_convert_20170628165043.jpg


・石木ダムは11パーセントの流域面積しかなく、しかも下流で合流するために、下流に住む住民も洪水対策には役に立たないとわかっているのに、


石木ダムと川棚川の治水2p川棚川水系図イメージ_convert_20180715150246


・国民が羨ましがるほどに自然が残っており、豊かな里山であることがじわじわと伝えられる中で、

ダムのツボ表紙_convert_20130729162400


・これからは人口も減少し、財政だって厳しくなることがはっきりとわかっているのに、

・世論調査でもダムが要らないと言っている人が増えてきているのに、


これだけ、不要論が高まっているのに長崎県はこれから強制収用をして、私が住んでいる家も全部壊すことにしているわけです。

これだけ「完璧に不要なダム問題」で反対していて動かない人びとをまさにこれから暴力で追い出すことにしています。


暴力で住民を追い出す法律は完璧に揃っています。

私たちの次は、あなたの番です。

他人事だと思っていた片田舎の長崎県石木ダム問題…

こうばるの人以外には関係のないことと思っていたけど…

こうばるの人たちを暴力で追い出した実績を作った(手に入れた!)行政は、次なるターゲットを決定し、次はあなたの家や田んぼ、畑などの土地を暴力で追い出しにかかります。

石木ダムの強制収用、みなさんが気づいていない落とし穴とはこういうことです。

肩をたたかれたあなたはもうどこにも逃げられません。

あんなに仲のよかった親戚も近所の人も友人もほとんど助けてくれません。

ほら、こうばるの人たちを見たでしょう?家はブルドーザーでぶっ壊し、住民は機動隊によって排除されたでしょ?


あなたは闘いますか?

それとも、泣き寝入りしますか?


こうやって、私たち国民の「自由」は確実になくなっていくのです。

皆さんに危機感を覚えて欲しい、この問題はあなたの自由に生きる権利が今後も保証されるかどうかの問題。



しかしながら、猶予はあります。

石木ダムはまだ何もできていません。

今だったらまだ間に合います。

石木ダム問題は「対岸の火事」ではありません。

私たち国民の生きる権利・自由に好きなところで生活を営む権利を守る闘いでもあるのです。

石木川流域マップ_convert_20170912204718


石木ダム問題について、反対している方でもそこまでは考えてはいなかった方はとても多いと思います。

このブログを契機に、ぜひ、じっくり考えてみてください。



2018あけましておめでとうございます

みなさん、あけましておめでとうございます。

こんにちは。

石木ダム水没予定地住民のいしまるほずみです。

年末は、28日まで全力で動いていたんですが、疲労のため風邪をひき、その後は家の手伝いをしながら休んでいました。

昨日、家の正月が終了したので、今日からゆっくりしているのです…

地元の石木小学校の近くに川棚八幡神社があります。

毎年、私はここに参拝に行きます。

毎年、去年のお札を燃やし…絵馬を買ってカキカキします。

おみくじも引きます。

いつもは普通のおみくじを引いていますが、今年は「恋みくじ」を引いてみました。

中吉でした。

西がいいと書いてありますが、石木ダム水没予定地がそもそも日本の中でかなり西なので、さらに西となると離島に良縁があるのでしょうか!?


P_20180102_142948_convert_20180102152816.jpg


今年の絵馬は、ストレートにこれ!


石木ダム中止…

石木ダム中止…

石木ダム中止!


目立つように、「ほーちゃんフォント」で描きました。


今年は、裁判の判決が出ます。

勝ちますように…


そしてここ大事、速報!

こうばる支援米ネットショップは本日、無事に完売しました!


こうばる支援米2017ネットショップ画面イメージ_convert_20171017213828


残りは、佐世保のフェアトレードショップてとて舎の方で、1.5キロの持ち帰りサイズを販売しています。

ぜひ、てとて舎へ遊びに来てください!

てとて舎のホームベージ
http://www.tetotesha.com/


てとて舎は1/3から開いているようです。


今年も、どうぞよろしくお願いします😀

韓国から帰ってきてようやく落ち着きました

みなさん、ご無沙汰しております。

長崎県の石木ダム建設予定地内で暮らしているいしまるほずみです。

前回更新したブログは、韓国に行く前に書きましたので、初めて外国に渡る楽しみ半分、不安半分であんまり余裕がなかったのです。。

プラスして、今年のこうばる支援米の予約も同時に受付中でなんとなくストレスを感じる日々でした。


変わって、現在の私は、

韓国からも無事に帰国し、

P_20170924_181434_convert_20171017213227.jpg
韓国釜山市の洛東江(ナクトンガン)です…

P_20170925_111926_convert_20171017213156.jpg
最終日だけちょっと観光…甘川(カムチョン)文化村を少々。。

また後で、韓国遠征については更新する予定です。


9/30(土)に開かれたイベント(長崎市立図書館で開かれた「としょかんいちば」)も無事に乗り越え、

IMG_-3f1jms_convert_20171017212052.jpg
イベント「としょかんいちば」の様子

P_20170930_112554_convert_20171017212235.jpg
パタゴニアの出店もありました、チャリティー販売

IMG_-8jjzz_convert_20171017212030.jpg
こうばるショップも出店しました


地元を訪ねてくださる支援者の方の案内もこなし、

P_20170927_144454_convert_20171017211852.jpg
ジャズピアニストの河野康弘さんです


こうばる支援米の予約で集まった50件もの注文も無事に発送を終え、

こうばる支援米2017発送作業_convert_20171017212640

こうばる支援米2017発送作業2_convert_20171017212657

こうばる支援米2017発送作業3_convert_20171017212708
「石木川みまもり隊」お米発送作業無事終了…記念撮影


我が家の稲刈り(稲を干すところまで)無事に済ませ、

IMG_2elidg_convert_20171017213414.jpg

IMG_epl8pj_convert_20171017213447.jpg

IMG_-zgbl92_convert_20171017213511.jpg

IMG_mgq0m3_convert_20171017213536.jpg
今年は5日かかりました…


ネットショップ「koubarushop」にもこうばる支援米を登録完了させ、

こうばる支援米2017ネットショップ画面イメージ_convert_20171017213828

今年もこうばる支援米を販売しています!

こうばるショップへアクセスしてみてください😊


たまりまくっていた水源連のメーリングリストを通して送られてくる貴重な全国の情報にも目を通し、

たまりまくっていた日記帳と持病を管理するためにつけている体調管理表もやっと埋めきって、


よ〜うやく!本来の地道な活動体制に戻りつつあるところです。。

ハァ〜、1ヶ月前に比べると随分肩の荷が下りてリラックスできています。

9月の中旬から10月のここ最近まで…私はめちゃくちゃ走った感じがします。。

持病がある割にはですよ。

無事にここまでこれて本当に良かった。。


でも、ここで決してだらけてはいけないですね。。

相変わらず、石木ダム問題は大変な状況が続いています。

今、天候が良くない日が続いているので割とゆっくりしていますが、天気が回復すればまた激しくなります。


韓国遠征から帰ってきて、モチベーションも上がり、割と体調もいいので動いてしまいましたが、落ち着いてじっくり考えてみると、やはり私がこれからやった方がいいことは、まとまった作品を一本出すことだろうと思いました。

体調がいいのだから、以前よりラクに作業できるはずなんです。

実は、精神科で処方されている薬の減量に成功しているのです、相当減りました、きっとそれで動いてもぼーっとしないんだろうと思います。

気持ちの切り替えを大事にして、情報発信と並行して頑張ります。


あと、スマホを使い出したことで、twitter発信が増えました。

切り替えが楽で、発信しやすいんです。

時系列で並ぶので、メモとしても使い勝手がいいんですねぇ。

イラストを描いたら、こまめにアップしていこうと思います。

最終的に作品は冊子にしますが、ネット環境のある方にはこまめにアプローチし、それ以外の人にも紙媒体で石木ダムの状況を広げていきたいと思います。

韓国遠征です


みなさん、ご無沙汰してました。

石木川まもり隊のウェブサイトがオープンしています。

なので、そっちでのブログ更新が多くなってこちらのブログが更新されなかったりします。

こちらのブログでは、個人的なことを書くのにこれからも続けていこうと思っています。

なのでよろしくお願いします😌



実は、もうすぐ韓国遠征に出かけます。

四泊五日で私としてはヤバい長さです。

なぜかというと、持病がちょっとね…

本人はどうもなくても、ストレスに非常に弱いんです。

いつの間にかストレスがたまってて、うっかり下痢して嘔吐して寝込みます。

体が慣れれば大丈夫なんだろうとか思ってましたが、無理みたいです。

対策としては、無理せずこまめに休む…しかないみたいです。

昔はすごく悔しかったですが、今は気にならなくなりました。



韓国!

初めて海外に行きます。

日本語しか話せません…

でも大丈夫、いろいろ対策をとってます。

今までケータイを持っていなかったんですが、スマホをヤマダで買ってきて、通信のみのSIMを契約して使い出しています。

快適です。

韓国に向けて、とりあえずグーグル翻訳をブックマークしました。



P1090508_convert_20170916165350.jpg



そうそう、パスポートも取りました。

パスポートは10年のを取りました。

証明写真大事!

証明写真機に1,000円投資して超美肌に仕上げました。

おかげで納得のマイパスポートを手にしました。



P1090509_convert_20170916165410.jpg



石木ダムが中止になったら…

この美肌パスポートでピュンピュン海外旅行に行く、かも?

あ、でも持病が…

うん、できれば船旅で…

まずはピースボートの世界一周旅行がいいかもしれません。



韓国!

何のためにいくかというと、観光ではありません。

石木ダムのことを宣伝しに行きます。

ターゲットは日本と韓国の専門家と活動家!

ただでさえマイナーすぎる石木ダム。

ここはひとつ、一番近い人たちに理解してもらいたいところ…

ほーちゃんの得意分野、お土産作戦でイチコロに…無理かなぁ。。



P1090507_convert_20170916164305.jpg



お土産にはもちろん、「こうばるマップ」も入ってます。

ついでに、日本の方にはこうばる支援米も買ってほしい!

こうばる支援米のチラシも入れます。



石木川流域マップ_convert_20170912204718

IMG_2311_convert_20170916164327.jpg



こうばる支援米の注文もごっそりいただいて…帰国したいですが、そんなうまくいくわけがないのです。

わかっています…わかっていますとも…

大きなトランクで出かけます。

理由は、50人分の石木川プレゼントが重すぎるからです!

でも、絶対全部渡して帰ってきますよ。

そして、すっからかんになったトランクに今度は韓国海苔とキムチラーメンとコスメを詰め込んで帰ってくるのだ!!



こうばるの自然をちょっとだけ知ってください


こんにちは、石木ダム水没予定地に住んでいるほーちゃんです。

先週更新した渾身のブログが私史上もっとも読まれたブログとなりました。

(みなさん、ありがとうございます。)

しばらくの間、ソワソワして落ち着かなかったです…



石木ダムの近況としてはまず、

例の付替道路工事現場ですが、梅雨の時期ということもあってか?それとも最近の報道で抑止力が働いているのか??現場の動きは割と緩いようです。

それに、パタゴニア日本支社長の辻井さんが県庁で開いた記者会見のニュースもありましたしね。


やはり、外部からの目が長崎県も気になるのではないでしょうか?



さて、

梅雨の石木ダム水没予定地こうばる地区は、しっとりとしています。



P1090241_convert_20170626231615.jpg


田んぼに居着いたカモちゃん、田んぼをスイスイと泳いで餌をついばんでいるようです。



P1090277_convert_20170626231635.jpg


この辺りを縄張りにしているキジ君、雨の中葉っぱの先をついばんだりしながら縄張りをパトロール中でしょうか?



P1090261_convert_20170626231652.jpg


今、田んぼにウジャウジャいます!!アカハライモリ君、水路に近いところに団子状態で固まっているのを下から両手で救い上げるのが最近のほーちゃんの楽しみです!

ふふふ…クセになる〜!



ダムの水没予定地には人間だけでなく、たくさんの生き物が生息しています。

田んぼがあることで、野鳥も集まります。

餌があるんでしょうね…

アカハライモリも食べられちゃうのかな…



P1090229_(1)_convert_20170626231743.jpg


この写真、ちょっと気に入ってます。スプリンクラーで稲に水やりしてる写真です。

この稲は、こうばる地区オーナー田のための稲でした。

今は、オーナー田の田んぼに根を張りつつあるところです。

オーナー田の田植えの様子はこちら



P1090178_(1)_convert_20170626231726.jpg


とても生活感のある写真だと思いませんか?

こうばる地区の夕方の景色です。

煙突から焚き火の煙がもくもく…

お風呂の湯を薪で沸かしているのです。



石木ダムの水没予定地では人が生活しています。



なぜ、この問題が全国の注目を集めるべきなのか…

ダム自体は県営ダムなので、この公共事業を決めるのは最終的には主に長崎県民なのですが…


でも人権問題から見てみると異例の大問題なのです!

全国の人に知ってもらいたい!



公共事業のために13世帯の立派な家々を強制収用し、50人以上の人を強制排除していいのでしょうか?

過去に強制収用、行政代執行で家を取り壊した例はあります。

道路の拡張工事とかでね。

それでも一軒とか人が住んでいない家だったりとか土地だけが残っているケースとか…そういう場合です。




そして、本当に役に立つ公共事業だったら分かりますよ。。


BK2_141223_05_convert_20170628165043.jpg


「石木ダムは全部おかしい」と言っても過言ではないが…

石木ダムはお隣の佐世保市の水不足のために造るダムなのです…

このグラフを見て、「仕方ねぇなぁ…佐世保市民のために立ち退いてやるかぁ!」って思えるわけがありません。



「私たちがここに住めなくなる」ということは、いずれは皆さんも「どこにでも自由に住めなくなる」のです。

長崎県の暴挙を許してしまえば、「長崎県の石木ダムではこれで解決できたから!」と全国どこでも使える手段になります。

怖いと思いませんか…?

あなたもターゲットになったら終わりです。。


今、私たちは「そうはさせまい!」と踏ん張っているところです。


こんな苦労を多くの人にして欲しくないです。。


だから、

石木ダムで流れを変えましょう!



そのために、まずは電子署名への協力、ほんの一手間をよろしくお願いします。








プロフィール

石丸穂澄(いしまるほずみ)

Author:石丸穂澄(いしまるほずみ)
長崎県石木ダム問題の水没予定地川原(こうばる)地区住民のイラストレーター。パタゴニア日本支社の意見広告にイラストが採用。現在、ほずみの描いたイラストを使ったフルラッピングバスが地元のあちこちを走り回っている。フリーペーパー「こうばる通信」や、漫画「ダムのツボ」、ブログ「石木川と石木ダムを考える『こうばるプロジェクト』」など、イラストやネットを使って故郷を発信中!双極性障害と歩んで今年で18年目。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード