上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第26回こうばるほたる祭り」報告


こんにちは。

5月25日土曜日に第26回こうばるほたる祭りが開催されました!

遊びに来てくださったみなさん、本当にありがとうございました。

PIC_0011_convert_20130529152742.jpg

バスに乗って長崎市からこんなにたくさんの人が遊びに来てくれました。

お祭りの始まる2時間くらい前の様子…

石木川まもり隊の隊長より石木ダムの計画などについて説明を受ける一行。

PIC_0014_convert_20130529152812.jpg

こうばるプロジェクトブースの机はこんなかんじ。

今年は物販に力を入れ出しました!

印刷屋さんに入稿してポストカードを3種類作りました。

紙質も考慮しまして、初心者のわりにはなかなかの出来栄です。

一枚150円で販売。

なんと40枚も売れました!

今後の活動費になります。

さぁ、お祭りが始まりましたよ〜

PIC_0015_convert_20130529153002.jpg

金魚すくい…

PIC_0017_convert_20130529153027.jpg

マムシの焼酎漬け…

PIC_0018_convert_20130529153051.jpg

干しマムシ…

PIC_0019_convert_20130529153116.jpg

イノシシの牙アクセサリー…

PIC_0020_convert_20130529153142.jpg

ほたるカゴ!

PIC_0022_convert_20130529153202.jpg

お惣菜も売れています。

PIC_0026_convert_20130529153228.jpg

こちらはほたるカゴ作り体験コーナー。

PIC_0027_convert_20130529153252.jpg

おっ、なかなか上手じゃないですか。

PIC_0029_convert_20130529153315.jpg

地元のおじちゃんが先生です。

PIC_0034_convert_20130529153343.jpg

夕方19時よりトラックの荷台で作った舞台でステージの部がスタート。

まずは太鼓の演技。

PIC_0036_convert_20130529153409.jpg

見て!この観衆。

ほたる祭りに太鼓がこんなに似合うとは!

会場、大盛り上がり。

アンコールにお応えして、ステージの部が一通りおわってからもう一度演技をすることになりました。

PIC_0039_convert_20130529153432.jpg

オトヒトツの池ちゃんたちの演奏。



30秒ほどですが…動画もあります。

PIC_0049_convert_20130529153456.jpg

佐世保から「ふれんど」のうた。



そのうたに併せて、わたしが会場をぐるっと一周した動画です。

もう一組、長崎市から合唱の「ながせん」が来てくれていたのですが、写真を取り損ねてしまいました!

なにせ次はわたしの電子紙芝居の上演だったのです。

余裕なし…ながせんのみなさん、ごめんなさい。。

次の日は地元では小学校の運動会ということもあり人出が少ないだろうとのことで、食べものの量も以前より少なめに用意したそうですし、販売時間も一時間早めて対応しました。

そのかいあってか、いい感じで売りさばいたようです。

こうばるほたる祭り関係者のみなさん、お疲れさまでした!

そして、遊びに来てくださったみなさん、楽しかったですか?

肝心のホタル、飛んでました?

わたしは余裕がなくてまだ見てません。。

ホタルのピークはまだまだこれから!

みなさん、ホタル鑑賞に、こうばるへ遊びに来てくださいね。

スポンサーサイト

テーマ : こうばるを想う1000のメッセージプロジェクト
ジャンル : 学問・文化・芸術

こうばる通信16号とこうばる通信号外(アースデイ東京出張報告)


こんにちは。

だいぶ前になりますが、こうばる通信16号が5月5日付けで発行されました。

こうばる通信16号表_convert_20130524203739

読むならこちら。

こうばる通信16号表_convert_20130524203859

裏面…マンガがつづきます。

こうばる通信16号裏_convert_20130524203934

読むならこちら。

こうばる通信16号裏_convert_20130524204004

こうばる通信を読んだことがある人は16号はずいぶん変わったことに気がつくと思います。

そうです、こうばる通信は16号からB4サイズ表裏の2面構成になったのです。

そして、今までえんぴつ描きだったのがペン描きになりました。

しかもかなり太いペンを使っています。

フリーペーパーの売り文句「無料」の文字がかなりデカイ!

老人に優しいフリーペーパーになりました。

実は、当初カラーにしようともくろんでいました。

しかし、色を塗る余裕がなくて急きょペン入れした段階で完成とし、今ままで通りこうばる公民館の印刷機でモノクロ印刷にしたのです。

そしたら意外とこっちの方がよかったかも。

カラーはお金がかかるしね。

余談ですがもともと色を塗る予定でいたので、ぬり絵ができます!

子どもにはむずかしい…これは「大人のぬり絵」ですね。

今号はマンガが中心になっていますので地元の情報は少ないですが、全国向けにも対応できるように地図を付けてみました。

でも、長崎県が日本のどこに位置するのかを知らない人にとってはこれでもわからない…

地図に改善の余地ありです。。

そしてさらに!

こうばる通信16号発行後すぐにこうばる通信号外をこうばるほたる祭りに合わせて発行したのです!

こうばる通信号外(アースデイ報告)表_convert_20130524204036

読むならこちら。

こうばる通信号外(アースデイ報告)表_convert_20130524204107

裏面…こちらが本題。アースデイ東京の報告。

こうばる通信号外(アースデイ報告)裏_convert_20130524204137

読むならこちら。

こうばる通信号外(アースデイ報告)裏_convert_20130524204208

こんなに頑張るつもりはなかった…

でも筆がすすんだのです。

本題はもちろん4月のアースデイ東京の出張報告!

でも表面には描きたくなかった…

なぜなら、「こんな話題のフリーペーパーは置きたくない」と言われたら困るから。

なので表面にこうばるの近況を描いてカモフラージュ(通信を折り込むと裏面は見えないのです)。

5月のほたる祭りの頃にこうばるの人がどんな仕事に追われているのか描けたので結果的にはグッドでした。

アースデイ東京の報告とはいってもブログに書いたこととさして変わりはありませんが、ネットをしない人に向けてと、あとネットをやっていてもわざわざわたしのブログをのぞく人ってそんなにいないので…

フリーペーパーの強みは、意外なところで人が読んでいるということです。

紙に描くというのはすごく達成感もあるしね(パソコンの作業は疲れはひどいけど絵を描くよりも達成感が得にくい…)。

それまで水面下の活動に力を入れたいです。

テーマ : こうばるを想う1000のメッセージプロジェクト
ジャンル : 学問・文化・芸術

「第26回こうばるほたる祭り」のお知らせ


こんにちは。

大事なお知らせです!

迫ってきましたが、今度の土曜日の5月25日に「こうばるほたる祭り」が開催されます。

今年で26回目。

私が4歳の頃からやってたんですね…

2013こうばるほたる祭りチラシ_convert_20130520141543

肝心のホタルですが、出てきてます!

これから6月の中旬くらいまではホタルを鑑賞できるのではないでしょうか。

お祭り当日は食べものがいろいろ売られます。

手羽先の焼き鳥やおでん、ニュー麺、ぜんざい、天ぷら類などが定番のメニュー。

飲み物はジュース、お茶、もちろん生ビールも!

ほたるカゴ作り体験コーナーや、今年は川魚の水槽の展示もあるのかな??

トラックの舞台では出し物が披露される模様。

こうばるプロジェクトはいつものブース出店以外にも、舞台にて紙芝居を上演する予定です。

こうばるプロジェクトブースのお隣りは石木川まもり隊のブースで「土地共有地権者受付コーナー」を作る模様です。

みなさん是非遊びに来てくださいね!

お待ちしております!

テーマ : こうばるを想う1000のメッセージプロジェクト
ジャンル : 学問・文化・芸術

アースデイ東京の報告


みなさん、こんにちは。

先日(4月20日と21日)、私はアースデイ東京(会場:代々木公園)に参加して

水源連(水源開発問題全国連絡会)のブースで紙芝居と石木ダムのコラム「ダムのツボ」を上演してきました。

水源連とは…http://suigenren.jp/

アースデイチラシ_convert_20130430155333

それで、すぐにご報告を!とも考えましたが、やっぱり無理で…

体調が持ち直して落ち着いてからブログを書くことにしたので、今になりました。

水源連のブースの様子。

CIMG2891_convert_20130430181555.jpg

CIMG2892_convert_20130430181857.jpg

CIMG2893_convert_20130430181931.jpg

アースデイ東京、会場の様子。

CIMG2894_convert_20130430182012.jpg

CIMG2895_convert_20130430182050.jpg

そして、こちらの動画は会場の様子。

水源連のブースの周辺です。



私にとっては久々の東京行きでしたがとても楽しかったです(疲労もばかになりませんでしたが)。

きっと、濃いかんじの人びとが集るんだろうな…と思っていたら、意外とドレッドの人の割合は少なく、アウトドア系のパタゴニアの服(結構高いんだよね…)を着た人が目につきました(パタゴニアのスタッフが多数関わっているせいかも)。

子ども連れの人向けのブースも多かった。

しかしながら、今回のアースデイはすっごく寒かったです!!

聞くところによると二日目は気温5度だったとか…?

真冬並みですよ!

私はカイロを貼ってました。

だから、たぶん例年からすると人出は少なかったでしょうね…

さらに言いますと、雨と強風で二日目の午前中は人がいなかったです。。

このまま誰も来ないのだろうか?!という一抹の不安もあったのですが、午後からなんとか雨は上がったので人が戻ってきてくれた…

私の紙芝居とコラムの上演はチラシの宣伝では20日が15時、21日は11時と14時の計3回の予定でした。

しかし、20日の13時から別の舞台で上演してもよいとの知らせがあり、急きょ4回上演することに。

上演の腕前は、徐々に向上。

最初はちょっと遠慮しすぎていました。。

コラムは上演せずに紙芝居だけ上演したり…といったかんじで。

そして全国向けにはちょっとわかりづらかったかと。

まったく知らない土地で発表する時は、まず最初に、このダム問題が「いつから・どこで・どんな目的で」進められているのか1〜2分ほどでまとめて説明する必要があるのですね…

最初はそれがうまく説明できなくて悶々としてました。。

地域によって、特にどこを強くアピールするのか押さえておかないといけないですね。

例えば…

川棚町内→ダムを造っても洪水は防げない!

佐世保方面→佐世保の水は足りている、だからダムは必要ない。

長崎県内全般→県内にこんなムダなダムは必要ない、住民が苦しんでいる(人権侵害)。

全国規模→不必要なダムのために水没予定地区の人びとが苦しんでいるし(人権侵害)、自然環境を守るべき。

といったかんじで。

全部伝えたいですが、全部訴えると時間が足りないし、最後まで聴いていってくれないですからねぇ…

今回は私の体調もわりとよくて、旅先で眠れないということもなく、なかなか軽快に活動できました。

もうちょっと積極的に発表を繰り広げてもよさそうです。

なにせ今回は初めての遠征でしたので、すべてが新鮮でした。

とにかくすべてが勉強になりました。

水源連のスタッフのみなさんにも大変お世話になりました。。

普段は近所での活動ばかりしているので、全国向けにはどうアピールしたら心をつかめるのか考えるきっかけにもなり、大変勉強になりました。

紙芝居とコラムの上演ではなかなか最後まで聴いていってくれる人は少なく…(上演時間結構長かったもんねぇ…)

上演についてもさらに工夫と勉強が必要ですね。

でも、中には若いのに最後まで熱心に聴いていってくださる方もいて、ありがたいことです!

========================================

それから、アースデイの次の日(4月22日)には、国会に申し入れに行きました。

(正しくはついて行った、連れていってもらった?)

CIMG2910_convert_20130510153634.jpg

国会へ何を申し入れにいったか…

そりゃあもちろん石木ダム事業認定手続き中止の命令を求めてですよ!

厚生労働省と国土交通省にそれぞれ一時間、共産党の議員さんや地元の住民代表、水源連の方が詰め寄ります。

厚生労働省への申し入れ。



国土交通省への申し入れ。



私もちゃんと発言しました(!)。

せっかくのよわい30、はるばる国会へ行ったんですから、手ぶらでは帰れない…

がしかし、何をしゃべったのかあまり覚えていない…

いいことを言ったように思うけど、自分で説明できない…

申し訳ないです…が気を取り直して最後に…

アースデイ東京にてたくさんの方からメッセージを寄せてもらってます。



メッセージを寄せてくださったみなさん、本当にありがとうございます。

ダム問題というのは確かにすごく地味なイメージでなかなか運動は盛り上がりにくいと思ってます。

しかし、なにも片っ端からすべての人に応援してもらわなくてもOKではないでしょうか(長崎ではそうはいかないけど)。

というのも、全国各地で応援してくれる人を数名ずつ増やしていくだけでも結構な数になりませんか?

アースデイに積極的に参加する人ってかなり少数派なんでしょうけど、少数派っていったって数百人はざらにいますよね?

日本全国の少数派のエコロジスト、ナチュラリスト、アウトドア系、ドレッドのみなさん、レゲエとか太鼓とかアフリカ好きの人等…

ダム反対に理解を示してくれるひとびとの土壌はまだまだ無数にありそうです。

CIMG2908_convert_20130510153514.jpg

赤嶺議員とツーショット。

テーマ : こうばるを想う1000のメッセージプロジェクト
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

石丸穂澄(いしまるほずみ)

Author:石丸穂澄(いしまるほずみ)
☆長崎県石木ダム問題の水没予定地川原(こうばる)地区住民のイラストレーター。
パタゴニア日本支社の意見広告にイラストが採用。
現在、ほずみの描いたイラストを使ったフルラッピングバスが地元のあちこちを走り回っている。
双極性障害と歩んで今年で17年目。
イラストやネットを使って故郷を発信中!

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。