石木ダムの公聴会開催のお知らせ


みなさん、こんにちは。

実は今月の3月22(金)23日(土)にとうとう悪夢の「公聴会」なるイベントが行われることになりました。

この「公聴会」というものは一体何なのか?!といいますと、

石木ダムに関するいろいろなご意見をこの「公聴会」なるもので広く広く聞きますよ〜…

そしてこの「公聴会」を通して石木ダムはやっぱり必要なんだ!という結論に達すれば…

石木ダムに反対していて立ち退かないこうばるの人たちの土地を強制的に取り上げてしまうことが可能な手続きができる!

…というものであります。

で、これを取り仕切るのは「国土交通省九州地方整備局」というところ。

え?これ、ダム推進派の人たちじゃないですか?!

そうです、そうなんです。

だから、この「公聴会」っていうものはやってもやらなくても結論は最初から出てるので〜す。

石木ダムは必要!という結論になると思われます。。

でも、何もしないでいるわけにもいかないので、とりあえず私も公聴会で発表できるように「公述人」として応募しております。

しかし…当選するのかわかりません。。

ざっと計算すると、公聴会の時間は12時間で、一人につき30分が持ち時間…

となると大体24人しか公述人には選ばれないということでしょ?

私、はずれるかも…

まぁ…とにかく、とりあえず今…ずっとコツコツ…公聴会に向けてプレゼン作りに励んでおります。

こればっかりやってます。

紙芝居と「ダムのツボ」を上演しようと思って描き直したり、文章を練り直しパソコンに打ち込んだり…

今までに外部の人から頂いたハガキやメッセージを読み上げようと思ってまとめたり…

こうやって念入りに作り込んでいる時に限ってはずされるのよね〜

でも、たとえはずれても今後の活動に絶対に活かされると思っております。

その将来性を見据えて今頑張っております。

テーマ : こうばるを想う1000のメッセージプロジェクト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石丸穂澄(いしまるほずみ)

Author:石丸穂澄(いしまるほずみ)
☆長崎県石木ダム問題の水没予定地川原(こうばる)地区住民のイラストレーター。
パタゴニア日本支社の意見広告にイラストが採用。
現在、ほずみの描いたイラストを使ったフルラッピングバスが地元のあちこちを走り回っている。
双極性障害と歩んで今年で17年目。
イラストやネットを使って故郷を発信中!

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード