こうばる通信17号


こうばる通信17号が発行されました。

まずはマンガ「こぶ」第10話「初めての石けん作り」から。

こうばる通信17号表_convert_20130731203437

読むならこちら。

こうばる通信17号表_convert_20130731203355

この話は、実話をもとに構成されております(ほぼ、そのまんま)。

これをやらかして以来、母は石けん作りには挑戦しなくなりました。。

私はというと…

いやいや、まだまだエピソードはつづくのです!

話題のストックが絶えないねぇ〜

石けんのネタは、またいつの日か登場することでしょう。

そして、裏面は、「川の水質に想いを寄せて」と「こうばる近況」、「お知らせ」のコーナーです。

こうばる通信17号裏_convert_20130810140056

読むならこちら。

こうばる通信17号裏_convert_20130810140135

またまた…

みみっちぃ生活を露呈するようなネタです…

我が家は率先してハミガキ粉のチューブを解体しています(やるのは私)。

最初の頃はほかの家族がフタを開けっ放しにしていたため、中身の貴重なハミガキ粉が乾燥してカピカピになってしまっていたのですが、最近は誰もが使ったあとはフタを噛み合わせて閉めてくれるようになりました。

「こうばる近況」では、先日の九州地方整備局への「石木ダムの事業認定拒否を求める申し入れ」について描きました。

ほんと、ちょっとしかかけなかったけど…

それにしても…河川課長のイラストがよく似てる!!

最後に「お知らせ」の欄に書かれていますが、紙芝居の絵を使用したカンパはがきを一枚150円にて販売しております(後日、ブログでも紹介したいです)。

もうすぐ、石木ダム問題がすごくよくわかる紙芝居とダムのツボのDVDも完成します!

そして、ダムのツボの冊子化も今年中に間に合わせます!

話題盛りだくさん!

みなさん、どうぞご期待を。

テーマ : こうばるを想う1000のメッセージプロジェクト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石丸穂澄(いしまるほずみ)

Author:石丸穂澄(いしまるほずみ)
☆長崎県石木ダム問題の水没予定地川原(こうばる)地区住民のイラストレーター。
パタゴニア日本支社の意見広告にイラストが採用。
現在、ほずみの描いたイラストを使ったフルラッピングバスが地元のあちこちを走り回っている。
双極性障害と歩んで今年で17年目。
イラストやネットを使って故郷を発信中!

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード