2014年こばると新年会


こんにちは。

こばると新年会が開かれたので、もちろん参加してきました!

私は普段からお酒は全然飲まないので、最後まで残ったりしないタイプなんですけど、なんと珍しく一番最後に帰りました〜(もちろん飲んでない!)

そして、新年会での今回のベストショットがこちらです!

CIMG3904_convert_20140127084922.jpg


真ん中に座っているのは、こばるとの期待のホープ君です。
学校帰りに無理矢理?連れてこられたホープ君。
私も久々にお会いしましたが、すっかりイケメンのいいお兄ちゃんに成長してましたね〜。
そこで、みんなでホープ君を囲んで記念撮影です。

いかがです?
みんな、いい笑顔ですよね〜
こばるとには、こんなピチピチの若い世代がたくさんいるんです!

なのになのに…こんないいところに、なんと!ダムができるって言うじゃないですか!
それって本当ですか?!
「ムリムリ〜ウチたち、普通にここに住んどっとに、ダムのできるわけなかたい!」
そうです、普通に人がたくさん住んでるのに、造れるわけないです。。

だけど、行政は造るって言ってるわけです。
ゴリゴリに「石木ダムは必要なんです!」って宣伝するんです。
だから、市民はなんとなく…
「必要?…まぁ…必要なのかなぁ…よくわかんないけど…」
というふうに、行政のやりたい放題を許しちゃってる状況なのです。

このまま行政のやりたい放題を許していたら、この笑顔は失われるし、こうばる周辺の自然もすべて失われるのです。
それだけではなくて、そもそも、私たちの税金を使ってダムを造るのです。
このまま、いらないものに血税を投入しちゃっていいんですかー!?

そんなのやってられないぜ!たまったもんじゃないぜ!!と、思われた方、ぜひFacebookのこばると会にアクセスいただき、「いいね!」で協力お願いします!

ブログやツイッターなどでもシェアしていただき、私たちの思いを伝える活動にご協力をお願い申し上げます。

最後におまけ、祝杯のプチ動画。



テーマ : こうばるを想う1000のメッセージプロジェクト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石丸穂澄(いしまるほずみ)

Author:石丸穂澄(いしまるほずみ)
☆長崎県石木ダム問題の水没予定地川原(こうばる)地区住民のイラストレーター。
パタゴニア日本支社の意見広告にイラストが採用。
現在、ほずみの描いたイラストを使ったフルラッピングバスが地元のあちこちを走り回っている。
双極性障害と歩んで今年で17年目。
イラストやネットを使って故郷を発信中!

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード