「ソトコト」めくって


こんにちは。
最近は引っ込んでおります。
体力温存してました。

ですが、そろそろ動きださねばなりません。。

ご存知の通り、米アウトドア衣料ブランド「パタゴニア」の日本支社がわたしたち
【長崎県石木ダム問題】のダム反対派の支援を正式に表明。


IMG+(3)_convert_20150402203859.jpg

ワクワクするでしょ?
(わたしだけ?)

ふふふ。

楽しみにしてください。
わたしはたいしてなんもできないですけど…

まぁ、「できたしこ」ですよ。

そんな中…
外出先でこんな雑誌を見かけまして、

【ソトコト】
IMG_0652_convert_20150402202415.jpg

パラパラってめくってみました。

月刊『ソトコト』は、「ロハスピープルのための快適生活マガジン」なんだそうです。

ほ「ふ〜ん…」

パラパラ…

なんかしっくりこないですねぇ。。

なんか共感できないというか、ついていけないというか…

(都会の人が地方の魅力にハマって)ギラギラしてる…
パワーがみなぎっており、現地の人は引いちゃうっていうかんじかなぁ〜

エキセントリックな人のインタビューが掲載されていました。

「ゲリラ瞑想」(交差点で瞑想している円陣の人達の写真が掲載されている)…
……って、都会的な発想ですよね。。
こういうのが流行ってるのかな?向こうでは…

わたしの感覚としてはもっと、何と言うか…
身丈にあった自然な活動者いないのかな?とパラパラ…

あ、そうそう、こういうかんじのがまだわたしにはしっくりくる。
共感できるかんじはこっちの方です。

【後ろのモノクロの記事の方、人乃声というところの記事】
IMG_0651_convert_20150402202427.jpg

都会に住んでいる女子大生が田舎に通って商品企画をする。
バレンタインのお菓子を 3,000個完売させる。

「地方大好き!移住なんて、ゼッタイにしないけどね!」
等身大でいいと思うんですよ、こういう方が自然で。

そして、カワイイをしっかりとカタチにする能力を持っていますよね。
(彼女たちは、カワイイのもを作りたい!と考えている)

「このお菓子はいけると思う、ただ、パケージがダサい!!」ってバッサリ!言うしね。
…ということで、かわいく企画して販売したそうです。
お菓子のパッケージの担当者がおじさんで、相当に意見がぶつかったようですが。

しかし、なんだかんだ言って、彼女たちは二年間ずっと長野の地方に通いつづけていたようです。
ここがかなり重要!

最初に訪れたときは、ヒールの高い靴を履いて、爪もめっちゃ伸ばしてて何も作業できないような〜
そんな格好で行ったらしい。
向こうの人達は引いてたらしい。。

バレンタインのお菓子の企画が成功してからは、担当者も非常に優しくなったという。
「なんだかんだ言って実績を出したから」だと。

そうなんですよね、実績を上げられるかどうかが大きなターニングポイントだと思います。
それまでは、本当は派手に動かない方がいいんです。

(わたしの「ダムのツボ」は、きっとこの手です。)

わたしのやり方なんですけど、わたしは描き上げるまではあんまり宣伝しない方がいいなっていうタイプ。

アイデアは枯れることなくひっきりなしにわくんですが、実現できるものってその中からたった一つか二つでしょ?

身体も動かないんだし仕方ないんだけど、究極に絞って描き上げないといけません。

ただ、最近はつい張り切ってできないことを言っちゃったりして恥をかいてます。。

恥ずかしいです…実に、よって現在、夢を語るのは自粛中です。

絵はぼちぼち描いてます。

手堅く、何度も使い回せるようなモノ…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石丸穂澄(いしまるほずみ)

Author:石丸穂澄(いしまるほずみ)
☆長崎県石木ダム問題の水没予定地川原(こうばる)地区住民のイラストレーター。
パタゴニア日本支社の意見広告にイラストが採用。
現在、ほずみの描いたイラストを使ったフルラッピングバスが地元のあちこちを走り回っている。
双極性障害と歩んで今年で17年目。
イラストやネットを使って故郷を発信中!

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード