ダム小屋の屋根が吹っ飛んだあとの話。


みなさん、こんにちは。

【8月末の台風で屋根が吹っ飛んだダム小屋です。】
2015091815423598a.jpg


☆屋根はすぐにおじちゃんたちが被せてくれましたが、ダム小屋の中は畳がダメになってしまいました。


【ですが先日、畳が新調されました!】
20150917231513215.jpg


【微妙な間取りの部屋に合わせて畳もMさんがカットしてくれた。】
20150917231514591.jpg


【奥のカレンダーの隣りに飾ってあったのは1983年のこうばるの写真。】
20150917231518966.jpg


☆手前に写っているおじちゃん、Nさんはご生存です。


【同じく、1983年の積雪の日の写真。】
20150917231516b07.jpg


☆いやぁ〜…懐かしい!!

昔はこんなに家が並んでいた!

田んぼや畑も荒れていない。

ほーちゃん、まだ一歳でした。


☆ところでこの写真たち、ずいぶん痛んでますよね。。


【こんな写真が残ってました…黄色の矢印にご注目!】
P1030966_convert_20150117233712_20150918155509ea2.jpg


☆これは、今年の1月にパタゴニア支社長ご一行がダム小屋を訪問した時の写真です。

あらら〜…

おばあちゃんたちときたら、パネル写真の上に画鋲でぶすっとカレンダーを貼っちゃってます…

おばあちゃんたちにこの写真の貴重さは理解できないのでした。。

この時に、わたしは写真を預かって修復することを誓っていたのですが、半年以上放置してしまいました…

ほ「今度こそ、実行せんば!」


…ということで、やってきたのは大村市のとある額縁屋さん。

わたしが普段作品を額装する時にいつも利用しているお店です。


【じゃ〜ん。ご覧下さい、こうばるの紙芝居の額装(社長特注)です!】
201509172316117ce.jpg


☆数ヶ月取りにいきそびれていました。。

昨日やっと取りにいったのです。

これ、ちゃんと実用可能なのです〜


☆本当は紙芝居の絵もね、もう一度描き直したり…お話を少しいじってワンランク上の紙芝居に作り直したいんですよ。

まぁ、ほーちゃん…体調がいつも不安定ですから…

手前にあることからぼちぼち片付けて…

コツコツ紙芝居もやれたらって思ってます。


…と、そんなことより〜…!

本題!


【社長に例の写真パネルをご相談中。】
201509172315198c8.jpg


社長「これ、ずいぶん古いね〜」

ほ「1983年だそうですよ〜」

社長「これ、一回剥がして、新しいパネルに貼り直せば大丈夫。」

ほ「あ、おばあちゃんたちが画鋲刺さないよう、アクリル板入れてください。」


☆まぁ、そういうことで…

どうやら修復可能のようです!

よかった〜

来月、修復後のお写真をみなさまにご公表できるといいなぁって思います。

楽しみにしててね。


【昨日の帰り道。付け替え道路工事ゲート前の様子。】
20150917231616fa9.jpg


20150917231614a61.jpg


2015091723161376d.jpg


☆明るい話題もぽつぽつあるけど、やっぱり現実は厳しい…

厳しいけど、ここで生活していくしかない。


【最後に、うわさのいとうせいこうさんの件】
P1050046_convert_20150918163455.jpg


☆最後まで残っていた人たちで記念写真を撮らせていただいたのです。


【いとうさん、人生の先輩ってかんじでした。】
P1050042_convert_20150918163845.jpg


☆それにしても、いとうさん、お肌がきれいでした!

年齢からしてみても…

一体、どんなお手入れをしていらっしゃるのでしょう…


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石丸穂澄(いしまるほずみ)

Author:石丸穂澄(いしまるほずみ)
☆長崎県石木ダム問題の水没予定地川原(こうばる)地区住民のイラストレーター。
パタゴニア日本支社の意見広告にイラストが採用。
現在、ほずみの描いたイラストを使ったフルラッピングバスが地元のあちこちを走り回っている。
双極性障害と歩んで今年で17年目。
イラストやネットを使って故郷を発信中!

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード