こうばる地区は相変わらず…



みなさん、こんにちは。

今日はいい天気でしたね。

わたしは、低調ながら何とか踏ん張って過ごしています…

天気がよいので、外の様子も気になるところです。


【ダム見張り小屋に動きあり!】
P1050657_convert_20151222164934.jpg


☆石木ダムの工事を進めさせないために、わずか一日半で完成したこの見張り小屋ですが、少しずつ改良が加えられ、どんどん装備が充実していっておりますよ〜!


【それがこの暖炉!】
P1050656_convert_20151222165015.jpg


☆これいい!

上にイモとか置いといたらすぐにホクホクに焼けますよ〜!

煙突もついているから、煙たくないです。

男性週刊誌もいっぱい置いてありますよ〜!

みんな遊びにいらして下さい!


【そして、こんな文明の力も…】
P1050673_convert_20151222170151.jpg


☆これは一体何かっていうと…

詳しくは下の動画をご覧下さい。





☆薪割り機なんていうものがあるんですね〜…

わたしは初めて見ました。。

こうばるの人って、何でも持ってるのね…



さて、

わたしは天気がよいのでぜひ確かめたいことがあって散歩に出たのです。

ちょっと前のブログに書いていた、「ダム小屋にずっと飾ってあったモノクロのでっかい写真パネル」についてのご報告です。

こんな風に、修理完了しました!

修理費用、二万円近くかかっちゃったよ〜…

(こうばるプロジェクトのカンパで支払わせていただきました…)


【ダム小屋に飾ってあった写真その1。】
P1050583_convert_20151222165122.jpg


☆写真の手前に写っているおじちゃん、今も生きていらっしゃいます。


【現在、この写真の撮影場所付近は木が伸びてこんな風景なんです…】
P1050658_convert_20151222165156.jpg


【ダム小屋に飾ってあった写真その2。】
P1050585_convert_20151222165138.jpg


☆1983年1月の写真…だったと思う。

雪が積もっていますね。


【現在、そこに近い場所から撮影するとこんなかんじに…】
P1050660_convert_20151222165211.jpg


☆向こう側が見えない…

残念ですが、木が生い茂っているので「再現」するのが難しい状況です。


【墓の通り道にはこんなでっかい看板がど〜んと、今も現役で建っています。】
P1050661_convert_20151222165226.jpg


☆写真通りの再現はわたしには無理そうなのですが、代わりに今のこうばる地区集落の写真を載せておきます。


P1050663_convert_20151222165301.jpg


P1050666_convert_20151222165249.jpg


☆ダムの問題があって1983年より戸数は減ってしまいましたが、今でも13世帯がここで暮らしています。

これ以上ダムに賛成して出て行く家はないでしょう…

出て行く人は出て行ってしまった…

そして、いくらお金を積まれても動じない人だけが残ったのだから。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石丸穂澄(いしまるほずみ)

Author:石丸穂澄(いしまるほずみ)
☆長崎県石木ダム問題の水没予定地川原(こうばる)地区住民のイラストレーター。
パタゴニア日本支社の意見広告にイラストが採用。
現在、ほずみの描いたイラストを使ったフルラッピングバスが地元のあちこちを走り回っている。
双極性障害と歩んで今年で17年目。
イラストやネットを使って故郷を発信中!

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード