イノシシをさばいているところに遭遇する


こんにちは。

久しぶりに普通の日記をつけます。

12月19日に、こうばる公民館の掃除に参加しました。

その後ついでに、出来上がった「こうばる通信」9号を大量印刷して、その足でこうばるの各家庭に配布して回っていました。

Iさんのお宅に伺うと、ちょうどおじさんが罠にかかったイノシシをさばいているところでした。



すごい、初めて見ました!さばいているところ!

101219_115032_convert_20101224161502.jpg

これは、イノシシの皮とか足ですね。

101219_115054_convert_20101224161537.jpg

それで、骨のところとかを狩猟犬が食べてました。

これは前からいた古株の犬。

101219_115141_convert_20101224161629.jpg

で、こっちはわりと最近来た犬の方。

わたしを見て、肉を取られると心配したらしく、家の中に隠れてお食事中。。

かわいい犬です。

そして、さばきたてのイノシシのいいところのお肉をたくさん頂いてしまいました!

ありがとうございます、Iさん!

早速、次の日に焼き肉にして頂きました。

本当にそのままブロックを切って塩こしょうして焼いただけ。

で、それがめちゃくちゃ美味しかった!

わたしはグラム400円の川下の牛肉ほとんど食べずに、イノシシばかり食べていましたよ!

それくらい美味しかったです。

イノシシのお肉は5月の最終土曜日に毎年開催される「こうばるホタル祭り」でも食べられます。

みんなこうばるに遊びに来てね。

テーマ : こうばるを想う1000のメッセージプロジェクト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石丸穂澄(いしまるほずみ)

Author:石丸穂澄(いしまるほずみ)
☆長崎県石木ダム問題の水没予定地川原(こうばる)地区住民のイラストレーター。
パタゴニア日本支社の意見広告にイラストが採用。
現在、ほずみの描いたイラストを使ったフルラッピングバスが地元のあちこちを走り回っている。
双極性障害と歩んで今年で17年目。
イラストやネットを使って故郷を発信中!

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード